試験情報

Pearson VUE受験申込(一次試験)

一次試験(FE試験)はコンピューターによる試験で、会場が開いている限り何時でも試験日を指定することが出来ます。 申込みはNCEESのサイトからPearson VUEへのリンクを通じて行います。

JPECからの受験許可が届いてから、NCEESのWeb登録を行って頂きますが、Web登録後NCEESとJPECの間で確認作業を行いますので、Web登録に引き続いてすぐに試験日の予約を行うことはできません。一週間程度の時間をおいて試験日の予約を行ってください。

添付の試験会場予約サンプルに従い申し込みを行ってください。
尚、このサンプルは2016年12月現在のもので、NCEES/Pearson VUEのサイトは予告なしに変更されることがありますので、画面をよく読んで申し込みを行ってください。


>> more...Pearson VUE受験申込(一次試験) >>


企業別FE試験(CBT)受験者数

2014年より開始されたCBT(Computer Base Test)FE試験の受験申込者が複数の企業を一覧表にしました。


>> more...企業別FE試験(CBT)受験者数 >>


試験会場に持ち込めない物

試験会場に持ち込み禁止のアイテム

下記の状況が見つかった場合には、違反している機器の没収、試験場からの退去、そして試験結果が無効となりますのでご注意ください。

*携帯電話を試験場に持ち込んだ場合(電源のOn/Offにかかわらず)。
*コピー、録音もしくは通信可能な機器を試験会場に持ち込んだ場合。
これらの機器はカメラ、ポケベル、PDA、ラジオ、ヘッドセット、録音機、計算機能付き時計、スマートウォッチ、電子辞書、電子翻訳機、送信機能付き機器、健康管理のためのフィットネス・トラッカー、iPod等のデジタルメディアプレイヤー等を含みますが、これらに限定されるものではありません。



PE試験(二次試験)

受験要領


>> more...PE試験(二次試験) >>


Web登録

JPECによる受験許可後のNCEES サイトからの Web 登録の手順は下記のpdfファイルを参考に行ってください。
このサンプルは2016年9月現在のもので、NCEESサイトは予告なしに変更される可能性があります。
登録に当たっては内容をよく読んで行ってください。
必ずJPECに受験申し込みを行ってからWeb登録を行うようお願い致します。


ファイルイメージ

Web登録サンプル(FE、PE共通)


ファイルイメージ

Web登録サンプル(FE試験)


ファイルイメージ

Web登録サンプル(PE試験)



受験要領

Web 登録の手順

FE試験(一次試験)

CBT (Computer Based Test) の試験場 (Pearson VUE) での注意事項。
下記のリンクをクリックすると試験当日の Pearson VUE での注意事項のビデオを見ることができます。
Computer Based Test Experience

PE試験(二次試験)


>> more...受験要領 >>


試験日程

FE試験
試験地:東京、大阪

試験日     : 年間を通じ随意に選択可能
申込受付締切: 事務手続きの都合上、JPECへの出願は下記の締切日までにお申し込み下さい。
 毎年2月末、5月末。8月末、11月末の年4回の締め切り日がありますので、受験予定日の1ー2ヶ月前までにお申し込み下さい。
合格発表   : 受験日より7-10日後
FE試験については2014年よりCBT(Computer Based Test)が導入され、試験場が空いている限り任意の試験日を選択可能となりました。 又2016年よりすべての月で受験可能になりました。
受験される方はまずJPECに願書を提出し、JPECよりの受験許可取得後にNCEESホームページよりMy NCEESに登録し、受験日をご自分で設定してください。

PE試験
試験地:東京


試験日 2017年
4月23日
2017年
10月29日
2018年
4月15日
2018年
10月28日
申込受付
開始(予定)
2016年
11月下旬
2017年
6月上旬
2017年
11月下旬
2018年
6月上旬
締切 2017年
1月10日
2017年
7月31日
2018年
1月10日
2018年
7月31日
合否発表(予定) 2017年
6月
2017年
12月
2018年
6月
2018年
12月

FE試験方法の変更のお知らせ(2014年より)


>> more...試験日程 >>


過去の試験データ

 

FE試験
  出願者数(人) 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率 試験母体
2016年 187 179 132 73.7% 全米試験協議会
2015年 273 113 84 74.3%
2014年 167 64 53 82.8%
2013年10月 233 194 124 63.9%
2013年4月 92 69 46 66.7%
2012年10月 248 213 145 68.1% "
2012年4月 112 95 60 63.2%
2011年10月 278 244 159 65.2%
2011年4月 東日本大震災のため試験中止
2010年10月 223 198 138 69.7%
2010年4月 103 83 64 77.1%
2009年10月 188 162 99 61.1%
2009年4月 73 63 33 52.4%
2008年10月 232 202 103 51.0%
2008年4月 99 85 35 41.2%
2007年10月 194 166 98 59.0%
2007年4月 80 66 33 50.0%
2006年10月 157 127 75 59.1%
2006年4月 試験母体変更の為試験中止
2005年10月 174 143 77 53.8% オレゴン州
2005年4月 51 19 14 73.7%
2004年10月 318 118 88 74.6%
2004年4月 128 91 70 76.9%
2003年10月 406 326 177 54.3%
2003年4月 198 139 87 62.6%
2002年10月 397 325 214 65.8%
2002年4月 232 172 104 60.5%
2001年10月 520 440 269 61.1%
2001年4月 220 157 103 65.6%
2000年10月 601 478 295 61.7%
2000年4月 329 239 151 63.2%
1999年10月 635 494 273 55.3%
1999年4月 297 200 134 67.0%
1998年11月 542 426 221 51.9%
1998年4月 271 200 135 67.5%
1997年11月 529 430 257 59.8%
1997年4月 214 158 104 65.8%
1996年10月 309 248 135 54.4%
1996年4月 181 132 96 72.7%
1995年10月 310 252 211 83.7%
1995年4月 150 130 107 82.3%
1994年10月 171 153 117 76.5%
合計 10,122 7,793 4,920 63.1%  
PE試験
  出願者数(人) 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率 試験母体
2016年10月 46 44 28 63.6% 全米試験協議会
2016年4月 32 29 16 55.2%
2015年10月 56 51 27 52.9%
2015年4月 44 40 18 45.0%
2014年10月 76 74 50 67.6%
2014年4月 63
60
31
51.7%
"
2013年10月 83
75 48 64.0%
2013年4月 71 66 33 50.0%
2012年10月 83 74 38 51.4% "
2012年4月 68 63 30 47.6%
2011年10月 101 89 48 53.9%
2011年4月 東日本大震災のため試験中止
2010年10月 72 65 43 66.2%
2010年4月 53 49 27 55.1%
2009年10月 86 82 44 53.7%
2009年4月 59 56 20 35.7%
2008年10月 53 47 24 51.1%
2008年4月 45 44 27 61.4%
2007年10月 38 37 20 54.1%
合計 1,129 1,045 572 54.7%  


試験概要

FE試験、PE試験の概要は次の通りです。


>> more...試験概要 >>


FE試験(一次試験)


試験場で使用できる電卓

試験会場で使用できる電卓は種類が制限されています。NCEESにより認められている試験場に持込可能な電卓は、NCEESホームページ CalculatorPolicyを御覧下さい。

なお、上記の国産メーカーの電卓は輸出仕様であり日本での入手は非常に困難なため、NCEESは日本での試験において特別に以下の製品の使用を上記リスト以外に認めております。


>> more...試験場で使用できる電卓 >>


協賛団体について

日本PE・FE試験協議会では、多くのエンジニアの方々がFE試験を受験することによって工学の基礎学力を確立していただくこと、そして既にFE試験を合格しているエンジニアの方々にはPE試験に挑戦していただき、海外で活躍するエンジニアになっていただくことを願って、企業や大学の皆様に対し種々のサービスを実施しております。
協賛会員には下記の通りの特典がございます。


>> more...協賛団体について >>


RSS2.0



ページの先頭へ戻る