試験情報

試験概要

FE試験、PE試験の概要は次の通りです。

FE試験

基礎学力の知識を問う試験で工学一般(数学、化学、電気、静力学、動力学、材料力学、流体工学、熱力学、土木、工学経済、倫理、環境など)が出題範囲となります。
2014年からはペーパーテストがCBT(コンピューター試験)となり、試験会場が東京と大阪の2か所に増えました。 コンピューター画面から呼び出すFE Reference Handbook(公式集)を参照しながら110問の問題を解き、画面に示されている複数の解答の中から正しい解答を選択します。
試験時間は休憩、ガイダンス等を含んで合計6時間(実質試験時間は5時間20分)です。

PE試験

専門分野工学の実践を問う試験です。
オープンブックによる試験なので、参考書、ファイルされたノートの持ち込みが可能です。
午前40問を4時間、午後40問を4時間で解く4者択一の試験です。

両試験とも米国と同じルールで試験を実施するため、試験場に持ち込む物に制限があります。

詳しくはNCEESのホームページをご覧下さい。



RSS2.0



ページの先頭へ戻る