受験要領

PE試験(二次試験)

受験要領

重要なお知らせ
■4年間の実務経験が不要に
2017年11月より、PE試験の受験資格としての4年間の実務経験が不要となりました。従い、FE試験合格後すぐにでも受験可能です。但し米国の州へのPE登録に当たっては一定の実務経験を要求される場合が殆どですので、登録されようとする州の条件をご確認下さい

■Chemical EngineeringとNuclear EngineeringがCBTに移行
2018年より、PE試験のChemical EngineeringとNuclear EngineeringがペーパーテストからCBT(Computer Base Test)に移行します。詳しくは下記の受験要領(PE CBT)をご覧ください。

受験要領(PE Pencil/Paper)


ファイルイメージ

2018年春 PE受験要領(Chemical、Nuclear以外)

受験要領(PE CBT)


ファイルイメージ

2018年春 PE CBT受験要領(Chemical、Nuclear)

試験会場はPeason VUE(東京、梅田)で、試験申込の締め切りは下記の通りです。

Chemical: 受験申し込みの締め切りはありません。
受験申し込みをJPECに提出後、約1ヶ月程度で最終受験許可が出、試験会場に空きがある限り、ご希望の日に受験できます。
試験時間は9時間(実質8時間)で、80問の問題を解きます。
試験はクローズド・ブック方式で、コンピューター画面にリファレンスブックを呼び出して公式や数値を探す事が出来ます。

Nuclear: 受験申込締め切りは7月末日(消印有効)で、締め切りの翌月中には最終受験許可が下ります。 試験日は10月19日(金)一日のみです。
試験時間は9.5時間(実質8.5時間)で、85問の問題を解きます。
試験はクローズド・ブック方式で、コンピューター画面にリファレンスブックを呼び出して公式や数値を探す事が出来ます。

受験申し込みは今まで通り、JPECに登録料を支払って頂き、「願書」、及び「副票」とその他必要書類を揃えて提出して頂きます。JPECよりの受験許可が出た時点で、My NCEESへの受験登録、及び受験料($400)の支払いをした後に、JPECの最終承認を得て試験場の予約を行います。

Chemical EngineeringのNCEESの受験要領はこちら;http://ncees.org/engineering/pe/chemical/
Chemical EngineeringのExam Specはこちら;http://ncees.org/wp-content/uploads/PE-Che-Jan_2018_CBT-1.pdf

Nuclear EngineeringのNCEESの受験要領はこちら;https://ncees.org/engineering/pe/nuclear/
Nuclear EngineeringのExam Specはこちら;https://ncees.org/wp-content/uploads/PE-Nuc-Oct-2018-CBT-1.pdf

試験場のコンピューター画面から呼び出すことが出来るPE Chemical Reference Handbook、若しくはNuclear Reference Handbook はMy NCEESにログインした後に事前にダウンロード可能です。

尚、上記の内容はNCEESホームページの変更等により変更される可能性がありますので、詳しくはNCEESのウェブサイトで確認下さい。

願書


ファイルイメージ

NCEES PE受験 願書(Chemical、Nuclear以外)


ファイルイメージ

NCEES PE CBT受験 願書(Chemical, Nuclear)

副票


ファイルイメージ

副票(Chemical, Nuclear以外)


ファイルイメージ

CBT副票(Chemical, Nuclear)

業務経歴書


ファイルイメージ

業務経歴書


ファイルイメージ

業務経歴書記入に当たっての注意事項

試験詳細及び受験参考書

NCEESサイトのPE試験詳細及び受験参考書ページをご覧下さい。

記入例


ファイルイメージ

NCEES願書記入例

Web登録



RSS2.0



ページの先頭へ戻る