取得の流れ

取得の流れ/米国で受験する場合(参考)

STEP 1:各州資格登録局(Licensing board)に受験申請

  • FE試験は、原則として4年制の工学系大学を卒業し、Bachelor of Engineering又はBachelor of Science in Engineeringの学位を取得していることが必要です。
  • PE試験は、2018年より実務経験が不要となりました。
  • PE試験では、実務経験内容等を評価するため、州により異なりますが、通常5人の推薦状が必要です。

STEP 2:FE試験合格(一次試験)

  • FE試験は2014年よりCBT(コンピューター試験)となり年に4回、1-3月、4-6月、7-9月と10-12月に実施されます。

STEP 3:PE試験合格(二次試験)

  • PE試験は年に2回、4月と10月に実施されます。
  • 2018年よりChemical EngineeringとNuclear EngineeringがCBTとなりました。

STEP 4:登録証の発行

  • PE試験に合格し、4年以上の実務経験があれば、州登録法のアンケートに回答することで州の登録証が発行され、晴れて「PE」となります。


RSS2.0



ページの先頭へ戻る