PE試験


PE試験

PE-Q1.PE試験を受験してPEとして登録するにはどのような手続きが必要でしょうか? 又登録するまでの期限などはあるのでしょうか?

日本でのPE試験合格者には、NCEESより合格証が発行され、合格記録がNCEESに保管されます。
その後、登録を希望される州の登録要件を満たし、その州に登録申請をする場合、NCEESより当該州へ日本でPE試験に合格している旨が連絡され、登録審査が開始されます。
登録要件については、各州の資格登録局のホームページで詳細をご確認ください(NCEESにより各州の登録要件を簡単にまとめた表はここにあります)。

尚、オレゴン州の場合PE試験後2年以内に登録する必要があります。また、各州法によると登録しないでProfessional Engineerと名乗るのは違法ということになりますので、たとえば名刺などにPEとして表記したい人は登録する必要があります。くれぐれもご注意ください。



PE-Q2.願書を見ると、Chemical, Civil, Electrical, Mechanicalの4科目しか日本では受験できないのでしょうか?

現在は、NCEESが実施している、機械、電気・電子・コンピュータ、土木、化学、環境、(農業、冶金、コントロールシステム、原子力、石油、防火災、建築、工業、海軍建築・港湾)など1日(8時間)で終了する工学系科目が全て受験できます。

ただし、( )内の科目は4月試験または10月試験の年1回の実施です。詳しくはNCEESのホームページをご覧下さい。



PE-Q3.以前、PE受験でオレゴンボードからグアムボードへ試験監督の依頼レターを出してもらい、グアムで受験しました。 そのような手続きは可能でしょうか?

現在、試験の方法が変わりました。 試験を審査する州資格登録局と試験を実施する機関に分かれました。
例えばあなたがオレゴン州に直接受験申請した場合、オレゴン州がPE試験をあなたにグアムで受けさせるかどうかはオレゴン州が決めることです。
現在JPECはオレゴン州と契約関係がなく、試験を実施する機関(NCEES)と契約しています。 従って御質問はオレゴン州に直接聞いて頂くことになります。



PE-Q4.PE試験申込時の、「5人の推薦状、そのうち3人はPE資格取得者でないといけない」と言うのは、現在も同じなのでしょうか?

NCEES(全米試験協議会)主催による日本でのPE試験には「5人の推薦状、そのうち3人はPE資格取得者でないといけない」・・・は不要です。

但し、試験に合格をして、各州に登録をする時は州の条件に合わせて推薦人をそろえる必要が出てきます。



PE-Q5.英文のApplication Formを2枚記入する必要がありますが、片面印刷で2枚を右上ホッチキス止め、あるいは両面印刷とした方がよろしいですか。

2枚プリントアウト右上ホッチキス止あるいは両面印刷どちらでも結構です。



PE-Q6.英文Application FormのP.4のProgressive Engineering Experienceで、PEでない上司のもとでの仕事を経験として申請する場合には、何か特別な書類を提出する必要があるのですか?

業務経歴に関し特別な書類の提出は必要ありません。但し、PE試験合格後にどこかの州に登録する際その州から要求されるかもしれません。



PE-Q7. Progressive Engineering Experience欄において同じ会社での経験は一つの経験として記入すべきか、複数の経験がある場合には分けて記入すべきですか? 申請用紙では4つの経験までしか記入できませんが、2ページ目をコピーして、より多くの経験を記入してもよろしいですか?

同じ会社での複数の経験は分けて記入した方がよいと思います。 また多くの経験がある場合は申請用紙の2ページ目をコピーして記入して下さい。



PE-Q8.職務経歴書の、Immediate Supervisor、TechnicianとEngineerの言葉の定義を教えてください。

Immediate Supervisorは貴方を指導している直接の上司です。 従って御自分の所属部署の管理者とは限りません。
また、Technicianは作成された図面に基づいた製作等の職人的な仕事をする人で、Engineerは設計を行い図面を作成できる人の事です。通常大学工学部出身の技術者はEngineerです。



PE-Q9.業務経歴書の記入例をいただけませんでしょうか。 同じ会社の中で部署が変わった場合など,具体的な記入の方法を確認したいのですが。

業務経歴書の記入例は用意されていません。 業務経歴は個人ごとに異なり、千差万別です。ご自分で工夫して自由に記入して下さい。



RSS2.0



ページの先頭へ戻る