登録の体験例

登録州:ワシントン州

[No.2009-Washington]
岡田啓介,PE
登録州:ワシントン州
専門分野:Mechanical

1.登録までの経緯

2007年10月
PE試験受験、その後合格
2008年3月
JSPEの合格祝賀会に参加
2008年4月
DOL(注: Washington state department of licensing )に問い合わせ
2008年5月
オレゴン州に問い合わせるが、結局未回答。その後約半年、ABET適合の手続きをどうしたらよいかで悩む
2008年12月
とりあえず書類作成開始
2009年1月
JSPEの記事でWashington州登録の体験談を読む。そこで私の業務経験が8年以上あるためABET適合が不要であることを知る
2009年2月-4月
上司とともに書類と格闘。何度かの書き直し後、RPEより書類内容をOKしていただき、提出準備を進める
2009年5月
書類提出。国際郵便為替を購入し、Oregon州(注:この方のFE試験合格先)にFEの証明($15)、NCEES にPE試験の合格証明を送付してもらうよう依頼
2009年6月
Low & Ethicsが届く。急ぎインターネットからLaw and Ethicsをダウンロードし、回答
2009年7月
登録完了の旨の連絡有り
2009年8月
正式な証明書が届く

2.申請書類について

(1) Application by comity

申請書類はDOLのホームページよりダウンロードしました。
申請書類で一番苦労したのは、皆さんと同様、Work Experienceの欄でした。
PEから、「DOLはこれまでの業務経験を知りたがっているのだから、それぞれの質問に対し、具体的に自分の業務経験を当てはめて書きなさい。」とアドバイスをいただきました。

(2) ABET適合

DOL問い合わせ時の回答で、大学の単位を業務経験に含める場合にのみABET適合が必要と書かれてあったことに気づきました。
幸いにも私はPEの元での業務経験が8年以上有りましたので、ここは問題なくクリアとなりました。

(3) 費用

申請費用については、郵便局の国際郵便為替を利用しました。また、私の場合、FE資格がオレゴン州であったため、申請書類9ページにアドレス、送り先を記載しオレゴン州に送付しました。その後、証明には$15が必要との連絡があり、クレジットカードで支払いを済ませました。

3.登録についてのアドバイス

これからワシントン州へ登録をする方へのアドバイスとしては、細かいことでもE-mailで問い合わせればすぐ返事が返ってくると思いますので、不明点はすぐ問い合わせることをお勧めします。

4.所感

6月にDOLから書類が無事受理された旨のレターが届き一安心しました。
その後、正式な証明書も送られてきましたが、これまでの経緯を思うと思わず涙が出そうでした。
住まいが熊本であるため、JSPEの集まり等にも参加することは出来ませんでしたが、JSPEマガジンでの諸先輩方の体験記がとても参考になりました。



RSS2.0



ページの先頭へ戻る